法改正はどんな時にある?

法改正っていつあるもの?

私たちが日々守っている法律は改正という大きな変化とともにあり続けています。実は、法律は一度決めたらそのまま、というわけにはいかないのです。日々変化し続ける私たちの社会と同様に法律も変化を続けています。このように、時代の流れに合わせて法律を見なおすことを法改正と呼びます。

法律は、いつも私たちが暮らす社会経済情勢にあったものでなくてはいけません。
また、国際化が進んでいる中で、国際的な潮流に合わせる必要もあります。
もし、時代の流れや国際的な情勢に乗り切れていない法律があればこれは改正されるべき法律。
時代が変われば法律も同じように変わるのです。
このように時代や国際的な情勢にあわせて法律は日々更新されています。
更新されているからこそ、私たちが守りやすい法律になっているのです。

よくある法改正のタイミング

私たちの暮らしている社会は日々変化しながら進んでいます。
最近は国際化が進んでいる影響か、その変化の時期や変化の大きさがどんどん大きくなって言っているように感じますよね。
このように変化を繰り返す社会の中で、法律もまた、日々更新を続けています。
このように必要にあわせて法律を見直し、更新することを法改正といいます。

では、法改正はいつ、どのタイミングで行われているのでしょうか。
それは、今ある法律が時代の流れに対応できなくなった時です。
法律は、私たちが安全に、安心して暮らしていくために必要なルールですから、私たちの社会に合った、守りやすいものである必要があります。
つまり、時代の流れにあっていない法律は法律の意味をなしていないのです。このような法律は直ちに改正が必要です。
法改正は私たちの生活に連動して行われているのです。