法改正でも慌てない!交付から施行の流れ

知っているようで知らない?

私たちが生きて行く中で、必ず守らなければならないものは法律です。
法律は私たちの社会を暮らしやすい、理想的な社会にするために存在している、とよく言われています。
私たちのクラス社会をより理想的にするためには、ひとりひとりにルールを守ってもらわなければいけませんよね。
そのルールこそが、法律なのです。

では誰が法律を作っているのでしょうか。
それは、大体の場合は国家の議会が制定しています。
日本でいうと、法律は国会によって制定されているのです。
法律を知らないと、私たちは幸せに暮らしていくことができません。
また、法律を破ってしまうと、罰を受けることにもなります。

しかし、法律は一度決められたらずっと同じ形であり続けるものではありません。
改正などの変化を繰り返しながら存在しているのです。
まずは法改正というものについて知っていきましょう。

意外と知らない法改正の意味をおさらい!

私たちの社会をより理想的なものにするために守らなければならないルールのことを法律といいます。
法律には民法や刑法、労働法などさまざまな種類がありますが、これらを守れないと私たちは事件に巻き込まれてしまったり、最悪逮捕されてしまったりしてしまいます。
私たちには法律を守る義務があるのです。

そんな法律ですが、みなさんの中には法律は一度決められてしまったらもう何も変わらずにずっとそのままであり続けるのだ、と思っている人もいるのではないでしょうか。
しかし実はそれは大きな間違い!法律は日々法改正という変化を遂げているのです。

法改正とはその名の通り法律を改正すること。
変化し続ける国際的な潮流や時代の変遷にあわせ、法律も日々見直され、変化を重ねているのです。